「ライフマルチ」と言う濾材を使って、再度マツモを沈めて整理した

水槽

以前、こちらの記事「マツモを沈めて整理した」で書いたようにマツモを以下の製品で沈めていたのですが、2ヶ月したらスポンジの部分がボロボロになって、機能的にも見た目的にあまりよくない状態になってしまいました。

 

そこで、再度別の方法で整理することにしました。

 

■「ライフマルチ」という濾材を使って沈めることにしました。

こちらのライフマルチというちょっと大きめな濾材を使って、沈めることにしました。

 

ウールマットを小さく切って、数本にまとめて濾材の穴に突っ込んで沈めていきました。

こんな感じに沈みました。

 

濾材自体にもバクテリアが住み着いて、生物濾過が期待できるかもしれないですね。劣化も遅いと思うので、とてもきれいに維持できると思います。

ろ過も強化できて、きれいに沈めることができるおすすめの方法でした。ちょっと濾材が大きので、目立つといえば目立ちますね。

ついでにアナカリスも沈めて置きました。