【MYSQL】GRANT文で接続ユーザを作成する方法

【MYSQL】GRANT文で接続ユーザを作成する方法 mysql

【MYSQL】GRANT文で接続ユーザを作成する方法

■MYSQLのユーザ追加のSQL

mysqlのユーザの作成のSQLです。mysqlサーバの設定変更はこちらの記事を参考にmy.cnfを変更してください。mysqlサーバを起動したら、まずはユーザを作成しましょう。rootユーザでmysqlサーバに接続し、以下のSQLで作成することができます。最近はGLANT文を使わなくても、GUIのツールからもユーザ管理ができると思うので、そちらを活用しても良いと思います。

GRANT 【権限】PRIVILEGES ON 【DB名】.【テーブル名】 TO 【ユーザ名】@'【接続元】' IDENTIFIED BY '【パスワード】' WITH GRANT OPTION ;

 

■解説

上記のGRANT文が何をしているかを解説します。

【権限】

操作できる権限です。SELECTだけ、とかUPDATEだけというようにユーザごとに権限を設定することができます。

 

【DB名】

操作できる対象のDB名です。ここで指定したDBのみ閲覧することができます。すべてのDBを許可するときは*(アスタリスク)を指定します。

 

【テーブル名】

【DB名】で指定したデータベースの中のテーブルを指定します。ここで指定したテーブルのみ操作することができます。すべてのテーブルを許可するには*(アスタリスク)を指定します。

 

【ユーザ名】

接続ユーザ名です。

 

【接続元】

ここで指定した接続元(IPやホスト名)からのみ接続を許可します。すべてのホストからの接続を許可するには%(パーセント)を指定します。

 

【パスワード】

パスワードです。ここで指定したパスワードが、mysqlサーバへの接続時に必要になります。

 

意外と忘れてしまうので、備忘録代わりにメモしておきます。参考にしてみてください。では。

コメント