zabbixをCentOSに構築する手順【エージェント編】

      2016/05/22

zabbixをCentOSに構築する手順【エージェント編】
zabbixをCentOSに構築する手順【サーバ編】では、サーバの設定を紹介しました。今度はエージェントを設定します。

 

■zabbixエージェントとは

エージェントは各サーバ上で実行され、サーバの情報を取得します。取得した情報をZabbixサーバに報告します。

 

■yumでインストール

以下のコマンドでエージェントをインストールします。リポジトリの登録方法はこちらをご確認ください。

yum install zabbix-agent

 

■エージェントの設定

インストール完了後に、/etc/zabbix/zabbix_agentd.confファイルの設定を変更します。基本的な環境では以下の2点の設定変更します。

Server=127.0.0.1

この設定は、サーバのIPアドレスを指定します。

Hostname=supersonico.info

この設定は、エージェントのホスト名を設定します。ここで設定した名前をzabbix管理画面のホスト追加のときに指定をします。

 

■監視するサーバに複数IPが設定してある場合

もし、エージェントをインストールしたサーバにIPが複数設定してある場合は、通信を行うIPを以下の設定項目で設定してください。IPが一つの時は不要です。

ListenIP=通信したいIPアドレス

 

■zabbixエージェントの起動

以下のコマンドで起動をします。

/etc/init.d/zabbix-agent start

更に、サーバが起動した時に自動起動するように設定しておきましょう。

chkconfig zabbix-agent on

これで、エージェントの設定は完了です。あとは、管理画面からこのエージェントを追加するだけで、監視が始まります。こちらの記事に、自動でzabbix監視対象をサーバに追加する方法を紹介しています。こちらで、設定してみてください。

megane

megane

最近、個人事業主から法人へと進化しました。 エンジニア歴13年位です。PHPとかMysqlを使ってWebシステムを構築します。 Javaも書きます。 CakePHPも使います。 サーバのチューニングもごりごりやります。 あと、お肉と自動車が好きです。Twitterとか申請どうぞ。

 - Zabbix , ,