AWSのElasticIPでIPガチャをしてみた

      2016/05/23

AWSのElasticIPでIPガチャをしてみた

■AWSのElasticIPとは

EC2に付与できる固定IPアドレスのことです。普通にEC2を起動すると外部からアクセスできるIPが一つ付与されますが、EC2を停止すると、このIPは変わってしまいます。

そこで、IPを固定にするためにElasticIPを設定する必要があります。

 

■IPガチャとは

このElasticIPですが、何度も確保と開放をすることができます。IPガチャとは自分の気に入ったIPアドレスが出るまで、この【ElasticIPの確保と開放を繰り返す】ことを指します。

1ヶ月に100回を超えるとお金がかかるみたいなので、注意が必要です。また、関連付けをしないでIPを寝かしておくのもお金がかかるみたいですね。

IPアドレスによって帯域が変わったりする、という話もあるのでまじめにやってもいいかもしれないです。

 

■今回の結果は。。。

うーん。イマイチ。結局

52.192.72.2

というIPアドレスにしました。桁数が少ないのと、2が多いというのが決め手です。来月はもっと素敵なIPがでるといいなー。

 

megane

megane

最近、個人事業主から法人へと進化しました。 エンジニア歴13年位です。PHPとかMysqlを使ってWebシステムを構築します。 Javaも書きます。 CakePHPも使います。 サーバのチューニングもごりごりやります。 あと、お肉と自動車が好きです。Twitterとか申請どうぞ。

 - AWS ,