Ryzen 9 3900Xを買った

Ryzen9 3900X日々のこと

3年使ったCore i7 6700からAMD Ryzen9 3900Xへの乗り換えです。グラフィックボードとメモリ以外はすべて買い直しました。結論からいうと、使用感は変わりません。

CPU単体の使用感です

 

AMD Ryzen 9 3900X

12コア24スレッドのやつです。

 

■今までのCore i7 6700(TDP65W)とRyzen9 3900X(TDP105W)を比較

・あつい

熱い。とても熱い。小さいケースで利用していたのですが、Core i7(TDP65W)はアイドリングで30度くらいだったのが、Ryzen9はアイドリング50度くらいで安定していました。熱いです。

結局ケースを少し大きめのものにして、アイドリング36度位で安定しています。こちらのケースを買いました。

 

・利用用途次第では、あまり変わらない。

コア数はたくさんになったのですが、今の用途(ソフトウェア開発メイン)だとほとんど変わりません。ゲームとか、エンコードとかすると早いのかな。仮想マシンを数台起動したりすることはあるのですが、それでもほとんど変わらないですね。

 

 

・Ryzen9のCPU利用率はとても低い

ブラウザを利用するくらいだと、CPU利用率が2%とかで安定しています。動画をみても、2~4%で安定。まだまだ余力がとてもあります。たくさんCPUがあるのは楽しいです。

 

■ちょっと別の効果

ピカピカ光るケースはあまり興味なかったのですが、思わぬ効果がありました。見えることが前提なので、とてもきれいに配線できるように、とても考慮されていました。コード類もスッキリして、エアフローも良くなって温度も下がりました。

ファンコントローラもついていて、静かです。

 

■総評

用途次第ですが、今回はあんまり使用感は変わらなかったです。結局、熱対策でケースがでかくなりました。きれいに配線できて、そっちのほうが満足度高めでした。

価格帯を考慮すると、普通に利用するならTDP65WのRyzen7とかのほうが良いかもしれないですね。