タマゴヘビは夜行性か昼行性か。観察した結果を書きます。

タマゴヘビの「たまごさん」が家に来てから約1年が経過しました。体調も絶好調っぽくて、ごはんも程よく食べていて、体も少しずつ大きくなっていく感じです。どうも体格的に「オス」っぽい感じですね。

■タマゴヘビは夜行性なのか?

人気と言う割には、なかなか情報が無いタマゴヘビの実態。1年間観察してわかった結果です。

正確な文献はないので断言はできないですが、日頃の生活を観察していると、どうも「夜行性っぽい」です。夕方の18:00をすぎるとチョロチョロと顔を出し始めて、夜の22時過ぎくらいまでウロウロしているようです。

たまに朝早く(6時とか7時くらい)に活動していることもあります。

 

反面、日中は殆ど姿を見せません。引いてあるアスペンチップの中に潜ってどこにいるのかわかりません。日中にタマゴを食べる様子を目撃したことは今の所ありません。

 

確かに、野生の生態である「鳥の卵を巣から盗み食い」ということも考慮すると、夜や早朝に活動するというのが正しい気もします。

 

■夜行性っぽい性質を考慮して、掃除などは夜にしています。

昼は隠れているので、なるべくストレスにならないようにメンテナンスは夜にしています。小さなことですが、気をつけています。

 

もっと他のわかったことがあれば、書いてみます。