アベニーパファー水槽に二酸化炭素を強制添加はじめました。

水槽

■水槽にCO2強制添加をはじめました。

きれいな水草を育成したくなり、二酸化炭素を強制添加をはじめました。

製品はこちらを使っています。

 

 

 

電磁弁、レギュレータが一体化しており、バブルカウンターも直接接続できるモデルです。途中にホースが存在しないので、とてもコンパクトに設置することができます。ボンベも5本付きで運用も長くできそうです。

20cmキューブで6~8秒で一滴の運用をしています。

 

■添加をしていないときはエアレーションをしています

タイマーを使って、CO2添加していない時間帯はエアレーションをするようにしています。8時〜20時までCO2添加、20時から8時までエアレーションを行っています。照明が消えているときはエアレーションをすることで、酸欠を防ぐようにしています。

 

■マツモとウィローモスが調子良くなってきました

ウィローモスはとても色がよく、元気に育ってきました。マツモは2〜3日も経過すると水面まで伸びきるくらい調子がいいです。また、気泡も植物からたくさんと出るようになっています。とてもよい状態になっています。マツモの成長がとても早いので、苔が抑えられて掃除も少なくなって運用の手間も減りました。

全体的に満足で導入してよかったと思います。

 

CO2添加をすることで、より水槽がきれいになったと思います。また、機器がすべて一体になっているので、とてもコンパクトにCO2添加を運用することが可能です。