Conohaのイメージ保存容量が大きくなってしまう現象を解消

Conohaのイメージ保存容量が大きくなってしまう現象を解消仮想化

このコピペチェックツールですが、Conohaを利用しています。VPSのイメージを取得しておくことができるのですが、以下の現象が発生していました。

■OSのディスク使用量は5GB。でもイメージ保存すると 49GBになる

OS側で一度ディスク容量いっぱいまで利用すると、その分のディスク容量がイメージ保存で利用されてしまいます。OSでファイルを削除しても、そのままではイメージ保存時の容量は減りませんでした。イメージファイルのサイズが大きいと、イメージを復帰するときにも、イメージを保存するにも時間がかかってしまうので、できれば圧縮したいなーと思って、対応しました。

■対応

方法は、【ddコマンドで対象のディスクに0埋めファイルを作成して削除する】という方法です。結果、うまくいきました。コマンドは以下のとおりです。

# dd if=/dev/zero of=/zero.tmp bs=1M count=数を適宜変える
# rm /zero.tmp

 

ddコマンドのcountは空き容量に合わせて変更してください。ofの部分のファイル名を間違えるとサーバが壊れたりするかもしれないので、細心の注意で実行してください。

イメージ保存時の容量を大幅に削減することができました。参考にしてみてください。では。