Raspberry Pi 3にリモートデスクトップで接続する手順

      2016/08/16

Raspberry Pi 3にリモートデスクトップで接続する

Raspberry Pi3にリモートデスクトップで接続する手順を紹介します。今回は、VNCではなくRDP(リモートデスクトップ)を使って接続するようにします。

正直、SSHが接続できれば、サーバの管理は問題なくできます。しかし、音量の調節などGUIが用意されている場合は、そっちのほうが直感的に設定しやすいと思っています。そのまま閉じればデスクトップのセッションもそのまま続くので、バックグラウンドで何かテスト的にバッチを実行したい時にも、便利に利用できるかと思います。

また、X Window Systemとリモートデスクトップのデーモンを起動する必要があるので、リソースを消費します。

■環境の説明

以下の様な環境でリモートデスクトップの接続ができるようにします。

■接続元のパソコン
Mac OS X 10.11.4 El Capitan

■接続先のサーバ
Raspberry Pi3 Raspbian jessie

 

予め、ifconfigなどで接続先のサーバのIPアドレスを確認しておきましょう。

■xrdpのインストール

apt-getでxrdpパッケージをインストールします。以下の様なコマンドとなります。いつもの感じですね。

sudo apt-get update
sudo apt-get install xrdp

 

■キーボード配列の設定ファイルをダウンロードして設定する

日本語配列のキーボードを利用している場合は、この設定を行います。/etc/xrdpに移動して、以下のコマンドを実行してください。設定ファイルは日本 xrdp ユーザ会にある設定を利用させてもらいます。ありがとうございます。

cd /etc/xrdp/
sudo wget http://w.vmeta.jp/temp/km-0411.ini
sudo ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini
sudo ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini
sudo ln -s km-0411.ini km-e0210411.ini

 

また、確認すると最新のxrdpだと上記の作業はしなくても良いみたいですね。

■xrdpサービスの起動

以下のコマンドでxrdpを起動します。

sudo /etc/init.d/xrdp start

 

もし、すでに起動しているのであれば、以下のコマンドでxrdpを再起動します。

sudo /etc/init.d/xrdp restart

 

■リモートデスクトップのアプリケーションで接続

予め調べておいて接続先のサーバのIPアドレスを入力して、接続できるようになっていると思います。

設定しておくと、後で便利に利用できるかもしれません。参考にしてみてください。では

megane

megane

エンジニア歴13年位です。PHPとかMysqlを使ってWebシステムを構築します。 Javaも書きます。 CakePHPも使います。 サーバのチューニングもごりごりやります。 あと、お肉と自動車が好きです。Twitterとか申請どうぞ。

 - Raspberry Pi3 ,