メールが正しく相手に届くPOSTFIXの設定【送信専用】

メールが正しく相手に届くPOSTFIXの設定【送信専用編】メールサーバ

Webサービスを実装している時に、そのシステムからメールを送信することがあると思います。会員登録やパスワード忘れの対応など、まだまだメールを利用します。そのシステムから送信したメールが迷惑メールに入ったり、なりすまし判定されたりしないようにするための、postfixとMXレコードの設定方法のサンプルを紹介します。

全体の大きな手順の流れとしては以下の二点となります。また、送信元のドメインが必要となります。

・postfixの設定
・DNSの設定

以下に手順を示します。

 

1.postfixのインストール

例によってyumでインストールします。
ついでに、自動起動もonにしておきましょう。

yum install postfix
chkconfig postfix on

 

2.設定ファイルの変更

次にpostfixの設定ファイルを変更します。

対象ファイルは以下のファイルとなります。

/etc/postfix/main.cf

 

設定ファイル内の以下の点を編集します。

▼myhostnameに対象のドメインを設定する

77行目近辺 myhostname = 【ドメイン名】

▼mydomainに対象ドメインを設定する

85行目近辺 mydomain = 【ドメイン名】

▼inet_interfacesがlocalhostになっていることを確認する

118行目近辺 inet_interfaces = localhost

▼mydestinationが $myhostname, localhost.$mydomain, localhost になっていることを確認する

166行目近辺 mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost

一旦、送信専用なので、これで設定は大丈夫です。

 

3.最後にpostfixを起動して完了です

最後にpostfixの起動をします。これで、サーバ側の設定は完了です。

/etc/init.d/postfix start

 

4.DNSのレコード設定

仕上げにDNSのレコード設定します。以下のように設定を変更します。

▼Aレコード追加
mail.【ドメイン名】 A 300 サーバのIPアドレス

▼MXレコード追加
【ドメイン名】 MX 300 mail.【ドメイン名】 (優先度は10に設定してください)

▼SPFレコード追加
【ドメイン名】 txt 300 v=spf1 ip4:サーバのIPアドレス ~all

これで、だいたい正確に届くと思います。

なぜ正確に届くようになるのかの解説は、【携帯電話のキャリアメールに正しくメールを送信する方法】を参照してください。

慣れると10分ぐらいで設定できるようになるので、覚えておくと良いでしょう。