【CopyContentDetector】新機能「判定規準設定」と「テキスト間チェック除外」をリリースしました

   

いつもコピペチェックツール【CopyContentDetector】をご利用いただきましてありがとうございます。

新機能として、【判定規準設定】機能と【テキスト間チェック除外】機能をリリースいたしました。

 

■判定規準設定

今まではコピペチェックの「コピーの疑い」と「要注意」の判定が一律固定でした。一部、案件によってチェック判定の規準を変更したりしたいというご要望をいただいており、この度実装いたしました。※本機能は「有料版のみ」の提供となります。有料プランについてはこちらのURLからご確認ください。

コピペチェックする文章を登録するときに、予め設定しておいた規準を選択することが出来ます。規準は「マイページ→チェック規準判定」と移動すると設定することができます。

 

■テキスト間チェック除外

今までは、以下のような場合テキスト間チェックを除外する方法は、「対象の文章を削除する」ことでしか対応出来ませんでした。

・文章に誤字を発見し再度コピペチェックを行いたい。でも、テキスト間チェックにひっかかるから誤字の存在する文章を削除したい。

 

一覧の「テキスト間チェック」をOFFにすることで対象の文章を永久にテキスト間チェック対象から除外することができます。

 

今後共CopyContentDetectorをよろしくお願いいたします。

megane

megane

最近、個人事業主から法人へと進化しました。 エンジニア歴13年位です。PHPとかMysqlを使ってWebシステムを構築します。 Javaも書きます。 CakePHPも使います。 サーバのチューニングもごりごりやります。 あと、お肉と自動車が好きです。Twitterとか申請どうぞ。

 - コピペチェック