【お詫び】一致率判定ロジックの変更に伴う一致率の増加に関して

   

いつもCopyContentDetectorをご利用いただきありがとうございます。

2017/4/5夜にリリースした、「一致率判定ロジックの見直し」に関して、調整が必要であることがわかりました。そのため、現在は以前の正常な判定ロジックの状態に戻っております。申し訳ございませんでした。

 

■影響範囲と現象

2017/04/05 22:30~2017/04/06 16:32頃までの「一致率判定」の結果が、多めの一致率で表示されることがある。

 

■内容

一致率チェックの部分において、文章のチェック範囲を拡大し精度を向上しようと狙ったが、実際に運用開始をすると判定には不要な文字までチェック対象になってしまうことがあり、一致率が上がりすぎていました。

 

■今後の対策

今回の件の様に「判断の軸が変わる等、実際の運用に影響が出てしまう可能性のあるリリース」がある場合、段階的に切り替え、または「新」と「旧」を選択できるようにする等、影響が出ないようにいたします。

 

 

また、ご連絡いただきましたユーザの皆様、本当にありがとうございました。認知・確認調査・切り戻し対応への判断をすることが出来ました。

今後共CopyContentDetectorをよろしくお願いいたします。

megane

megane

エンジニア歴13年位です。PHPとかMysqlを使ってWebシステムを構築します。 Javaも書きます。 CakePHPも使います。 サーバのチューニングもごりごりやります。 あと、お肉と自動車が好きです。Twitterとか申請どうぞ。

 - コピペチェック